f:id:yarukimedesu:20120430194329j:image

 もう禁煙とあんまり関係ないけど、深夜3時まで小説の推敲をしていたり、マンガを読んだら感想を書いたりで、腕が痛い。無職なのに、腕の疲れが取れん。寝ても、疲れが取れん。

 なんつーか、喫煙での区切りがないのは…生活にメリハリがないのは、感じる。喘息とかは発症しにくいのだろうが。ああ、タバコ吸いたいな。でも、吸ったら、禁煙が途切れるのも怖い。

紙copiのデータをクラウド上で管理して、複数のパソコンで同期したり、データをクラウドにバックアップしたりされているという方のお話をよく聞くようになりました。

紙copiのデータをクラウドストレージサービスのDropboxに移動して使っている方が多いようです。興味のあるかたはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
紙copi Blog: 紙copi × クラウドで快適な情報共有

 これをやってた。割と、すぐに出来た。私は、自室でノートパソコン(無線)と、茶の間のパソコン(有線)を使って、ブログとか書いているのですけど、TVとか見ながら、まったり文章作成…とかする時に、パソコン間のデータ連携がネックになってたのですが…ドロップボックスで連携させることで…非常に、そのハードルが下がりました。良いことは、すぐやった方が良いな…。

 その後は、ジャンプネクスト!を読んだら感想を書いて…。

求める名は天下無双!!超時代剣戟アクション読切センターカラー49ページ!ということで、「ねこわっぱ!」の松本直也先生の「四海演武(しかいえんぶ)」です。お久しぶりの登場ですね。前作の関係で、幼女のイメージが果てしなく強いですが…今回の読切は???
四海演武(松本直也)は宮本武蔵の息子さんの話である!ジャンプNEXT!(ネクスト)2012SPRING感想2【週刊少年ジャンプ感想】

 小説の推敲を続けていた。

窓の外を見ると、7本のエスカレーターのうちの一本が見える。夜を徹して、あの方達の街へ…何かを運び続けているのだろう。それは、方々の工場や農場で作られた物資の他、選ばれた人は、あの街に昇ることが出来る…と言われているけど、多分、私たちには関係ない話で、きっと、お金持ちの人たちなんだろう。こんな掃き溜めのような街で、お金持ちって言っても、たかが知れているのだろうけど、同じ掃き溜めの中で、昇りつめる人は…それだけ、「まっし」という事なんだと思う。
エスカレーター・ガールズ(適当な仮)←最後に女の子がエスカレーターで昇る小説…の書きかけの続き。 - 病むに病まれてビラの裏 - 文投げ部

 外に投稿するモノだから、念入りに推敲しているのだけど…約1万文字あるから、一回読み直すだけでも、かなり疲れる…。でも、今日が締め切りだから、後何回か推敲したら、もう、投稿する。


 後は、昼を過ぎた頃に気分転換で、神社に行ったくらいだ。こんなに疲れるのに、無職なのは…自分で好きなようにやっているからだな…。

 こまねち。