山陽電気鉄道は19日、19年ぶりの新型車両になる6000系を2015年度に投入すると発表した。まず今年度は3両編成を2編成の合計6両を投入し、老朽化が進んだ3000系と置き換える。投資額は明らかにしていない。川崎重工業が同日、山陽電鉄の新型車両を受注したと発表した。兵庫工場(神戸市兵庫区)で製造する。

f:id:gaku-tokyo:20150520210358p:plain
山陽電鉄6000系の完成予想図(発表資料より)
 

 室内灯はすべて発光ダイオード(LED)にした。さらに車体をアルミニウムで軽量化したうえ、減速時の電力を再利用する回生ブレーキの適用範囲を拡大したことで、既存の3000系に比べ消費電力が約4割小さくなった。

 車内にはカラー液晶による表示板を1両につき3カ所設置。行き先や路線図などの運転情報を日本語、英語、中国語(繁体字と簡体字)、韓国語の5種類の言語で表示し、乗客の利便性も高める。