TPP関税に問題なのではないのです。問題なのは。企業支配の確立しかも治外法権的意味でです。しかもその国の主権侵害行為ができることに有るのです。


グローバル企業が経済圏として12カ国にのさばれるという意味です。


もっと言うならば金融資本システムを操る支配構造の人間が政治を支配して経済を支配できるのです。


それはアメリカの本の一握りの資本家がのさばるという意味です。


はっきり言うならユダヤ資本家が世界を支配するという意味です。


治外法権状態にできるという意味です。今でも個人より企業が上になってしまってるのです。


そもそも機械が上空から人間をネズミのように殺してるのです。無人攻撃機から殺される方の身になってみなさい。


国家主権というのが有るのですがそれを非関税障壁と言ってその主権を奪い取れるのがFTAなどの貿易取引ですがそれの大規模なのがTPPで11カ国で日本を食い物にできるというのが今度のTPPです。


アベノバイコクが仕組んだ売国政策の一貫です。


アベノバイコクは先にアメリカの資本家が活躍できるように法整備しています。


◎派遣法をより日本人を安く使えるように、ドンドン法律改定して時間制にまでするでしょう。


ロボットより安く使うのです。奴隷制度です。


◎所得税を払わないなど税金を払わないで良い特区を作りました。後進国の行う行為です。


◎法人税を極限まで下げました。まだ下げるようです。それは企業は儲けられますね。ぼろ儲けしてお持ち帰りできます。


◎残業〇法案ができます。今1000万円ですが将来確実に派遣法を習って全てに適用できるようになります。ロボットです。人間ロボット


◎郵政。農協など非常に強い金融をぶっ潰し保険などの業務も奪い取りました。


◎簡保、ニッセイの新商品を作らせないでアフラックバイコクをしました。


上記に拠って日本企業を乗っ取る或いは日本に進出して利益率の高い商売で日本国民を騙して奪いとりのです。日本テレビと結託して番組内販売で100円のものを1万円で売るのがアメリカ企業です。


また日本人を牛馬のように使い殺すのです。


◎クオーター制という外国人優遇を大学、マスコミ、企業。テレビ局などに採用分かりますか。